「にこたま」とは


育児ニガテ意識バリバリのママと、姑気質バリバリのイクメン旦那の憂鬱な子育てマンガ。ワーキングマザー・みっきーの子育てと仕事の日々に葛藤するマンガブログです。

2015年9月23日水曜日

子どもの習い事ってどうしてますか?/にこたま168話




いやー。皆さん。子どもの習い事ってどうされてますか?

うちはですね。ハッキリいって保育園頼みですね。(スマン、娘よ…)

いやー、子どもの可能性は色々と増やしてあげたいなあと思うんですけどな。。

ちなみに、以前TBSのママサカスなるイベントに、なぜか出演させていただくという

希有な体験がありまして、その時のテーマが「子どもの習い事」。

ますます、なぜ私に?という具合ですよね。

まぁ、そこでたいそうな知識を披露するということは到底無く

「ワーママ忙しくて、習い事とか土日とか無理ですわぁ〜!!」という役割を全うしたのですが、


その時ご一緒した日経DUALの羽生編集長も、保育園を考える親の会の普光院亜紀さんも

「そんなにあせって習い事にやっきにならなくても大丈夫!子どもは遊ぶことが大事で、

 毎日の遊びの中から、学んで行くのですよ〜。だから、めいっぱい遊ぶ事が大事!」

とおっしゃっていた。(自分の都合の良い部分だけ、記憶しているのかもしれない)


しかし、早期教育の精霊が、私の耳元でささやくのだった。

「子どもの可能性をのばしてやれよ〜」

ああ、皆さん。子どもの習い事とかってどうしてますかね。




(終わり)

ブログランキング、やはり一生懸命やることにしました。
2つのブログランキングに参加しています。
優しい人はそれぞれクリックしてやってください。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


育児絵日記 ブログランキングへ 



■facebookにこたまコミュニティページご参加ください
https://www.facebook.com/nikotamanga


■ドコモ『ママテナ』で、「にこたま」好評連載中です
http://mama.bibeaute.com/category/comics/

■二子玉川のローカルニュース二子玉川経済新聞で『ニコママ見聞録』連載中です

http://nikotama.keizai.biz/special/archives/

■ソーシャルまんが広報部 社会課題に向き合う方を、まんがで応援しています コラボしたい方募集

http://socialmanga.tumblr.com

クックパッド×にこたま『産地直送便』つかってみました

https://magnet.vc/v/1y0865m0

ライフポートフォリオ×にこたま『家族というチームのサッカーゲーム』
http://niko-tama.blogspot.jp/2015/02/soccer.html


■子育てメディア「cozreマガジン」でにこたま連載中
https://feature.cozre.jp/67300


■東洋経済オンライン「働く母がマンガでレポートします」寄稿しています
http://toyokeizai.net/articles/-/76835


■イベントでしゃべったりもしています。
http://www.huffingtonpost.jp/cybozu/child-rearing_b_6740482.html





お問い合わせはお気軽にこちらまで

3 件のコメント:

  1. 海外で1歳児育ててます。専業主婦です。
    保育園に朝から夕方までいて、園でいろんなアクティビティがあるなら、
    それで充分だと思いますよー!
    大人と同じように、子供だって毎日集団生活していたら、
    楽しい刺激もたくさんだけど、その分疲れるし、
    ストレスだってゼロではないだろうし、週末くらい、
    パパママとゆっくりじっくり過ごすのでよいのでは?と思います。
    少なくともニコちゃんぐらいの年齢なら。

    うちは土地柄気候柄、外遊びが難しく、児童館のような場所もない上に、
    9割が共働きという国なので、保育園/幼稚園(保育園というのは厳密
    には存在しません)1歳半から入れます。
    専業主婦のワタシがいながら何故と自問自答しつつも、我が家も子供を
    1歳7ヶ月から15時までのプレナーサリーに通わせていますが、
    その後や週末に習い事なんてさせようと考えたこと、なかったなあ。
    だって、普段は他人に預けているのだから、それ以外の時間は、
    子供と一緒に過ごしたいですもの。家事も大変ですけど。

    ただ、就園前の子だったら、習い事は多少はアリでしょうね。当然ですが。

    返信削除
  2. コメント、ありがとうございますー。
    海外からの投稿、ありがとうございます。
    9割が共働き。すごいですねー!どこの国か気になります。
    最近、子どもと週末すごしたり遊んだりするの、たのしくなってきました。

    返信削除
  3. またまたこんにちは!
    在住国はシンガポールです。
    この国では、育休というのは基本的に存在せず、
    産前産後で合わせて4ヶ月しか休みがないそうです。
    1歳半からプレナーサリーがありますが、それまでは、住み込みのメイドさんか、
    あるいは、デイケア、近居の祖父母が子供の面倒を見ているそうです。

    また、こちらの女性はあまり家事育児をしません(語弊はあるけど)。
    その代わり、周辺諸国から出稼ぎで来る住み込みのメイドさんを雇っています。
    メイドさんというと富裕層?と思われるかもしれませんが、ごく一般的な家庭の話です。
    食事も外食がメインで、1日3食外食は当たり前のことだそうです。
    といっても、レストランは高いので、普段は、屋台やフードコートなどで済ませるようですが。

    女性が外で男性と同じように働き、なるべく女性の負担を軽くしようとすると、
    この国のようになるんだろうなと、こちらに来て、なるほどなあと感心しきりです。

    返信削除

コメントはこちら